土地区画整理事業

土地区画整理事業とは、都市計画区域内の土地について、公共施設の整備改善と宅地の利用増進を図るために土地区画整理法に則って行われ、土地の区画形質の変更と公共施設の新設、または変更に関する事業のことを言います。
土地区画整理事業の施行者には、民間の施行者(個人施行者、同意施行者、土地区画整理組合等がある。)と公的施設の施行者(都道府県、市町村、国土交通大臣、都市再生機構、住宅供給公社等がある。)があります。
土地区画整理事業の施行に当たっては、複雑な権利関係を調査し事業が終了(区画整理登記)するまでの各段階において権利関係の調査が行われます。