水準測量

既地点(標高を示すものに限る)に基づき、高低差を測定し、施行地区内又はその周辺に設置された新点である水準点及び基準点の標高を定める等の作業をいいます。 既地点の種類、観測の精度等に応じて3級水準測量、4級水準測量及び簡易水準測量に区分されています。