移転工法

移転する際の工法は従前の宅地と仮換地との間の高低差、距離、障害物などの状況と、その建築物などの構造、用途等を総合的に判断して決定します。 移転工法には、曳家(ひきや)、再築の工法が主ですがその他の工法もあります。

再築

仮換地に従前の建築物と同種同等の建築物を建築する工法で、曳家(ひきや)が出来ない場合にこの方法を採用する。

曳家(ひきや)

建築物を解体することなく、現状のまま仮換地先に曳行するもので仮換地への距離が短く、障害物が無いときはこの方法によります。 一般的に経費も安く、工期も短いので、なるべくこの工法を多く採用します。