換地処分とは?

-換地処分の意義-
換地処分とは、土地区画整理事業を終了させるための法的手続です。この換地処分の後には、登記簿の書換え、清算金の徴収・交付の事務が残りますが、事業は換地処分によって実質的には完了することになります。

-換地処分の時期-
換地処分の時期は、原則としてその地区内の工事がすべて完了した後に、遅滞なく行なうことになっています。定款や施行規定で規定している時は工事の極く一部(道路の舗装等)が未完了でも換地処分を行なうことができます。

-換地処分を行うための通知-
換地計画の内容の換地設計、各筆換地明細、各筆各権利別清算金明細等を土地所有者や関係権利者に通知します。この通知はもれなく到達させないとなりません。そのため事前に権利者の住所を綿密に調査します。

-換地処分の公告-
換地処分通知を郵送し権利者のところに届いていることが明 らかになった時点以後、個人、組合、市町村等の施行者は、換地処分をした旨を都道府県知事に届け出ます。知事は、届出があった場合に換地処分があったこと を公告します。都道府県が施行者の場合は知事が換地処分をしたことを公告します。

-換地処分の効力の発生-
換地処分の公告の日の翌日から、換地は従前の宅地とみなされることになります。説明を加えると、それまで仮換地として指定され使用収益していた区域が、その所有者の本来の土地になるという意味です。そして従前の宅地上にあった種々の権利は、換地に移行して存続します。

-新町名への変更-
換地処分の結果、各筆の地番が新たに変更されるだけでなく、旧町名から新町名への変更も同時に行なうようにします。この手続は土地区画整理法ではなく地方自治法により市町村議会の議決を経て行なわれます。