土地評価の目的とは?

土地評価とは、その土地の適正な価値を判断することですが、土地区画整理事業における土地評価は、事業により宅地の利用価値が区画整理前・後でどう変化するか、つまりは宅地の利用増進の度合を計測することにあります。