仮換地指定の手順は?

仮換地指定は、通例以下の手順に沿って行われる。

①『地権者への説明』を行う
換地設計の内容について関係者への説明、また引続き始まる建物移転や工事の予定等も合わせて案内をする説明会を開きます。

②『法律上の手続き』を行う
イ. 組合施行の場合・・・ 総会か総会の部会、あるいは総代会を開催し議決します。
ロ. 公共団体等の場合・・ 土地区画整理審議会の意見を聴きます。

③『指定通知』を発送する
従前の土地の所有者及び所有権以外の使用収益権を有する者に、仮換地の位置、地積及びその効力発生の日を通知します。

④『仮換地指定に伴う損失補償』を行う
仮換地指定によって、建物移転や工事等を行う場合に従前及び換地の双方で一時的に使用収益を停止しなければならなくてはいけない場合において、従前の宅地をそのまま使用収益していたならば得たであろう利益について施行者が補償します。