都市計画事業、区画整理事業によるまちづくりを支援するコンサルタント企業

人と、地球と、環境と KAKUCHI 画地測量設計株式会社

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ホーム > 区画整理用語集 > 調査・補償業務

区画整理用語集

調査・補償業務に関する用語

移転工法再築曳家(ひきや)

移転工法

移転する際の工法は従前の宅地と仮換地との間の高低差、距離、障害物などの状況と、その建築物などの構造、用途等を総合的に判断して決定します。
移転工法には、曳家(ひきや)、再築の工法が主ですがその他の工法もあります。

用語の一覧へ

再築

仮換地に従前の建築物と同種同等の建築物を建築する工法で、曳家(ひきや)が出来ない場合にこの方法を採用する。

用語の一覧へ

曳家(ひきや)

建築物を解体することなく、現状のまま仮換地先に曳行するもので仮換地への距離が短く、障害物が無いときはこの方法によります。
一般的に経費も安く、工期も短いので、なるべくこの工法を多く採用します。

用語の一覧へ

ページの先頭へ

Copyright © KAKUCHI URBAN DESIGN CO., LTD.
〒152-0011 東京都目黒区原町1-12-12 TEL 03-5721-3051 FAX 03-5721-3055